激落ち込み


熱が下がらなくて調べてもらったら


インフルエンザでした


いっぱい準備してたのに


悲しくてたまらない


約束してた皆さん


本当にゴメンなさい


悲しくて残念で


落ち込みまくりです・・・









ブログ記事カテゴリ分けしてみました&ようやくピンチ脱出〜!の巻



日々書きなぐってきたブログを振り返ってみましたら、

最近カテゴリ分けしてなかったと気づいて、改めてカテゴリ作って分類してみました。

なぜかトップスとかボトムスとかというようなアイテム別カテゴリが、

妄想とか夫とか失敗作とかお出かけとかに混じってるという

わかりにくい分類になっちゃいました。

まあわたくしのブログは参考になりづらいジャンルであるという自負はあるのでこれでいいかと思っておりますものの、

ひとつの記事にいくつもカテゴリ含むこと書いてるもんだから我ながら困った。

安定の長文&暑苦しいのがデフォルトだと開き直ってちゃいかんと痛感しました。

一番多かったのが「スキルアップ」カテゴリというのが殊勝じゃあーりませんか。(自画自賛)

上手くなりたい気持ちがめっちゃあるんですね。






わたくし洋裁に限らず何か実現したいものがある場合、

イメージがまずありき。

実現への道って、そのイメージに向かって人それぞれなプロセスがあるだけなのだと思うんです。

わたくしの波乱万丈すっとこどっこい人生で気づいた超個人的なことしか語れませんけれども、

わたくしの場合






「楽しい大好き実現しか頭になーい
ウキャー!!!!(≧∀≦)ノ



って状態で始まったイメージというのはわりかしソッコー実現しております。

あと、

「あ、こうなるんだろうなー」


と、淡々と思ってたことってふと気づくと実現しております。

そして、

「実現には相当苦労するに違いない、そう簡単にゃいかないよねー」


という状態で始まったことというのは、やっぱり苦労して実現する。




でもって、

「うわーやりたくないけど頑張らなくちゃ」



と、嫌々ながら始めたことって、

延々嫌な状態が続いていたりします。

まあ必ずしも嬉しい楽しい大好きで始めたことが、ずーっとそういう状態かというと、そうでもない場合もあり、

「げげっ!」と思うぐらい嫌なことだったのに、やってみたら大好きになっちゃったということもあります。

中でも、ワクワクしてコーフンが止まらない、毎朝目覚めるたびにそのことばかり考えてる、

ってぐらい夢中になれるものというのは、成功しようが実現しなかろうが関係ないのです。

やってるうちに野望が湧いてきたりもするけれど、とにかく楽しくって他になーんにも考えない。

わたくしにとって洋裁とはこの、何があっても楽しい、というカテゴリなのだなあと思いました。

だから失敗続きでも、作れない状態が続くスランプ状態でも、良いのです。

いやスランプの真っ只中は楽しくないんだけど、それを乗り越えるとより楽しく思えるのですな。

だからわたくし、スランプの時は、現実をしっかり見据えた上で、他の楽しいことをしたりして、

自分の状態を整えております。

何よりも大切なことは、自分の状態につきますです。








実はですね、

あと数日に迫った岐阜繊維まつりを前にして、我が家に大ピンチが訪れておったのです!

このままでは岐阜に行けるのか!?というような大ピンチでございました。

今までのわたくしでしたら、オロオロして悪あがきをしてたと思うのです。

(実際ちょっと悪あがきしましたてへぺろ)

ですが今のわたくしには、大好きな洋裁というものがあり、没頭できる洋裁部屋もある。

なのでやるべきことをやり尽くしたのちは、先ほど申し上げたような、

自分が良い状態になるための小さなことをする、ということを心がけておりました。

ピンチピンチチャンスチャンスらん、らん、らん♪ も歌いました。(マダムなかのさんありがとう!)

大好きなチキンアタックを何回も聞いたりとかも。

そしてあとは、東海関西方面にてただひたすら大好きな人たちとギャハハと楽しく過ごし、

スンバラシイ布に巡り合うことだけイメージしておりました。

行けなくなるなんてことは微塵も考えておりませんでした。

そしたらですね、起死回生のクリーンヒットがありましてね。








なので大手を振って、鼻息も荒く、岐阜繊維まつりに乗り込めることになりましたぁ〜!

マジ焦らせやがるぜ人生ってやつはもう。

ああ早く来ないかなあ4月2日!









大失敗レギンス、やけくそパッチワークでモードに大変身ー!なりきりharpersbazaarusの巻〜


伸縮率のめちゃ少ないストレッチ生地で大失敗となったレギンスその後。



股下部分に前後それぞれ三角布を足しまして、無理やりスカートに仕立てました!
なんだかコム・デ・ギャルソンとかにありそうな感じになりまして。
モード寄りなら着画も思いっきりやらかしてみましたの。
アホを晒すのは私も勇気がいりますが皆様におかれましてもかなり勇気が必要かと。
覚悟とコーヒー吹きだした時のためのティッシュの用意はよろしいか。







ワン



ツー



スリー








じゃーん!




い

左手に持ってるのは玉ねぎだっヽ(≧∀≦)ノ








え 

かなりあおって撮ってもらってます
脚長効果あるかしら






お 


スカート全景はこんな感じ。
ぐいっと胸まで持ち上げればオフショルダーのチューブワンピースにも。
かなりゆるゆるで腹巻きっぽいけど太めのベルトとかすればもっとメリハリつくのでは。
せっかくのパネルカットがうまく写ってないなあ
わたくしの顔が京劇チックで怖い気もするけどカメラマンの演出だと思ってスルーしていただきたい。


ちなみに一度もおそとに着て出かけたことのないラメ入りドルマントップスはアニエスb。
ベレーはスカートの生地とおソロの自作。
養生シートがかかっているのは演出ではなく現在夫が壁塗り中のため。



撮影めっちゃ楽しかったわー!
モデルポーズでバシャバシャ撮ってもらうのってなんか盛り上がるね!
仕事の疲れもどこへやら、大撮影会してしまいましたわ
夫ありがとう!
ファッションショーやりたいなー!



よく見なければモードテイストに勘違いしてもらえそうな作品に仕上がりましたっ
一番勘違いしてるのはモデルさんじゃね?というツッコミは聞かなかったことにしておく。












大好きな曲



最近ドイツづいてる気がする今日この頃

わたくしがドハマりしてるこちらの動画をどうぞ







大失敗レギンス、やけくそパッチワークで起死回生なるか!?の巻

 
春は名のみの風が寒くて、何か防寒用のものをと思い立ち、

タックパンツスリム用だったストレッチウールでレギンスをつくろうといたしました。






しかし元型紙の指定生地はスパンフライスだったので伸縮率が違いすぎ。

当然のごとく腰が入らず着用に値しないものになるであろうことを、

股上縫い終わった後に気がつきました。









表情が無。になってしまった一瞬でした。










あーやっぱりこの生地に愛情が薄れてきたせいだろうか慣れてきた頃の凡ミスってやつだろうか、

などとくよくよ悩む時間は30秒ほどにしておいて。

いやー立ち直り早くなったなあと自画自賛。








とっととなんとかすべく、思案です。

まず入らない腰部分にパネルカット状態で布を足してみました。

よしこれで履ける、あとは股下を縫い合わせて・・・・











って股下もぱっつんぱっつんどころか足入らんのやないかーい!


wa

考えたらわかることなのですが。

この時は腰部分を広げりゃ履けると思ってました。





バカです。わーん




wo 

せっかく腰が入るようになったのに・・・











でもくじけないっ!

お外に着て行けなくってもおうち着にすればいいじゃないの!
パンがなければブリオッシュを食べればいいじゃないの!






と、いうわけで、

あ 

股下部分に三角の布を接ぎ合わせてスカートに〜

まだ裾始末とウエストゴム入れが残ってますが。

試着してみたらマーメイドっぽいラインのスカートになりました。

モードっぽいといえなくもない。






接ぎ合わせの三角てっぺんの縫い目はどうにもキチャナイのですけれど目をつぶるっ

なかったことにするっ





明日は力仕事だから寝なくてはと思いつつここまでやり遂げて放心しております。

読んでいただきありがとうございました。

もう限界でございます寝ますっ

おやすみなさーい















作りました!篠原ともえさん ザ・ワンピースより春はあけぼの眠たいよ〜の巻







岐阜せんい祭りのために、節約しようと思ってたのに、
パカパカ本を買ってしまいました。
雪子さんが自慢するからさぁ〜ついついさぁ〜|ω・`)←ヒトノセイニシテル
  ⇩
   製作中♪篠原ともえさんの「ザ・ワンピース2」のボックスプリーツペプラムワンピ。 

me

篠原ともえさんは、見てるとほんと元気になるねえ。




んで何を作ったかというと・・・






ペプラムワンピ!







・・・・ではなく











mo 

ベレー帽だッ






yai

美肌処理したら眉毛とんだ。Σ(ω |||)




使った生地はタックパンツスリムにする予定だった、
日暮里はアトリエヨネザワさんでゲットした黒のストレッチウール。
この生地結構な厚手なもんで、今から作ったら、
できる頃にはもう履きたくないんではないかと悩んだのです。


ここんとこ立て続けに私にしては難易度の高いものを作ってたので、
サクッと作れて、でもちゃんとミシンを触ったぞー!と実感できるものを作ろうと、
探してたら買ったばかりのザ・ワンピースにね、
ベレー帽の作り方があったので、即縫ってみたというわけなのです。

yup

後ろから見たとこ
後ろ姿の地鶏もとい自撮りがホント下手くそなのよん





ペプラムワンピを作らずなぜこちらのベレー帽を作ったかというと。
はっきり言いましょう、
髪型をごまかすためです!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆きゃー安定のズボラ


わたくしひどいくせ毛で剛毛でボリューム最大級なもんで、
くせ毛を得意とする美容師さんに髪を扱ってもらってるんですが
その美容師さんたら人気があってなかなか予約が取れないのです。
早めに予約とらない私も悪いんだけど。
ようやく予約(洒落だよ)が取れたけど、まだ先の話なのです。
いつもベレー帽かニット帽でごまかしてます。
手持ちのものは、どうにもカジュアルなものばっかりなので、
ちょっとシックなのを被りたくって。


初めて帽子というものを作ってみたけれど、
ベレー帽ならサクッと作れて良いですな!
目の詰まったストレッチウールなのでカジュアルすぎなくってたいそう気に入っております。


なかなか被り心地も良いです。
篠原ともえさんの本ではデニムで作ってたけど、私頭でかいので、
布帛だと孫悟空の緊箍児状態になるものも多くってね、
それでストレッチで作ってみたというわけなのです。





それにしても春は眠いね。
洋裁モチベーションが、眠さのあまりちょっとダウンしております。
眠くって・・・











yo



イッちゃってます笑


たっぷり寝たら、次なる作品を作るぞぉ〜♪









洋裁の世界よ広がれを暑苦しく語る久しぶりのハイヒールで足が痛いけどの巻




えー本日は洋裁ネタとはちょっと外れて。いや外れてないんだけど自分語りをば少しばかりと
暑苦しいまでの思いを長々と語らせていただきます。
お茶とお茶菓子の準備と覚悟はよろしいか。









わたくし生まれも育ちも北海道で、6年ほど前本州に引っ越してきました。
北海道のおうちは寒冷地仕様なので、アパートでもそれほど物音が響かないつくりが多いです。
土地が広いので塀とかもないおうちがほとんどです。
わたくしの実家などは、一軒だけある隣のおうちまで400メートルほどなので、
まだ密集(?)している方です。
あとは200メートルほど先の牛舎が一番近い建物で、他は畑と山。
最近でこそ実家も鍵をかけるようになりましたが、私は一人暮らしをするまで
家に鍵をかけるということをしたことがありませんでした。
このようにわたくしの故郷が開けっぴろげ性格の土地柄だったりわたくし自身が性格雑だったりして
本州での暮らしに慣れるまでは結構苦労しました。




もっとも苦労したのは、5年前に結婚してからです。
再婚同士の夫は同じ北海道出身それも同郷なんですが、
本州の生活の方が長いのですっかり本州仕様になっております。
なおかつ非常に美意識が高く綺麗好きです。おまけに職人。
アーティストといったほうがいいかも。
私ときたら、美意識だけはなんとかあるものの、生活習慣などは完全に夫と真逆ですから、
そりゃあもう大変でした。




結婚と同時に夫が独立して自営を始めたので、家業を軌道に乗せるまで必死でした。
今思えば笑える苦労話ばっかりですが、その時はもう無我夢中です。
経営の不安やら、夫との生活の緊張感やら、
わたくしはいつの間にか、少しずつ自分をすり減らしていったのだと思います。
曲がりなりにもキャリアウーマンだった私が、すっかり自信を失い、
仕事と近所の買い物以外には外に出ない、ヒキコモリ主婦になっていました。
そのうちコーネンキ鬱とかにもなっちゃったりして。




そんな中で、ようやっと、私は、成人したてぐらいの時に立てた、
自分の人生目標を思い出しました。
一つは、30歳になったらすっぴんに口紅だけで勝負できる女になること、
もう一つは、50歳になったら自分の好きなことだけをして生きて行くこと、
でした。




50歳目前にして、私は一体何が好きだったんだろう、と考えました。
いろいろやってみました。
ずっと好きだった、油絵を再開してみたり、フラダンスを再開しようかなと思ったり、
インド料理が得意だから、インド料理専門のケータリングやろうかなとか。
でも、いざやろうとすると、自分の好きなことなのに、めちゃくちゃ罪悪感が出てきてしまうのです。
一緒に家業を運営しているとはいえ、自分の稼ぎではないような気がして、
自分のためにお金を使うことに非常に臆病になってました。
そんな中で勇気を出して、最初に大金を使ったのが、布でした。






美しい布に魅せられて、洋裁熱の上がった私を、夫は大変に喜んでくれました。
男性というものは、パートナーの女性が楽しそうにキャッキャウフフしてることを
喜びに感じる生き物なのだということを、初めて実感しました。
それで、職業用ミシンを買いなさい、と、背中を押してくれたのです。
もうそこからは洋裁熱はさらに上がりっぱなし!
misuzuIさんを初めとするたくさんの洋裁ブロガーさんを知って、
さらに洋裁の世界が楽しく、可能性を感じるようになりました。
まだまだ拙い腕しかないけれど、作りたいイメージがどんどん湧いてくるんです。




ああそういえば私おしゃれ大好きだったなあ、
ボディコンワンピとか着てピンヒールでのし歩いてたわよねえススキノを、
なーんて思い出して、ハイヒールを引っ張り出し、
最初は夫の運転で、その次には一人で大都会に出て行くまでになったのです!
それまで近所の図書館に行くにも夫の用事のついでに乗っけてってもらうぐらいだった私が、です!
もう「はじめてのおつかい」エンディングで涙線崩壊状態です!
そしてですよ、先日などは、エルメスの職人技を間近で見る僥倖にすら預かれたのですから!
ここんとこ雨が続いたから仕事を休めたものの、コーフンと久しぶりのハイヒール連日で、
あちこち痛いZE!





好きなことをやる情熱というのは、人生を一変させるなあと思います。
人を積極的に変えていく。
こんなに大好きを詰め込んだ、洋裁の世界に恩返ししたい、と思う気持ちが
わたくしの中に満ち溢れているところなのであります。
トップメゾンにはできない、素人クチュリエの可能性ってすごいと思っているのですね。
だってオンリーワンの自分ブランドの世界を、自分で作るんですもの。
そして女性にとって、いや男性だって、好きな服を身にまとうということは、
この上ない満足感であり自己表現なのだと思います。
こんな世界をもっともっと、広げていきたいなあ!
今後も一層の精進をテキトーにマイペースかつ暑苦しくやっていく所存でございます。
ご静読ありがとうございました!


















9割できたよ「明日着る服」のまたまたカシュクール〜 でも明日本当に着るのか!?の巻





カシュクール大好きmituco.です。

はいまた作ってしまいましたカシュクール。




he

明日着る服 - 布と型紙のお店クルール
から〜のカシュクールシャツ♡


もうどんだけカシュクール好きやねん。


勇気を振り絞って!リバティのタナローンで作りました〜
裁断するとき泣かなかったよ〜成長したなあ。
縫ってて大変気持ち良かったです!
まだ2.5mあるからもう一枚シャツ作りたい。
タナローン大好き。白いシャツ大好き。
この、薄く柔らかなコットンは、ふんわり包み込むようなシャツに最適です!



こないだ作ったタックパンツワイドツイードバージョンを合わせたかったのだけど、
トルソーには着せられないので、初期の頃に縫ったラップスカートを合わせてみました。

キャリアウーマン風にコーデしてもいいね。




着画も撮ってみたのですが。

ho



どうも地鶏 もとい自撮りが下手で、大事な襟元んとこ撮れてない。(っω・`。)


明日のmisuzuI@池袋ソーイングスタジオゲリラお茶会に、着て行こうと思って作ったのです。
   ↓
着たいものだけつくります。

池袋ソーイングスタジオ
作る・直す・教える ソーイングスペシャリスト かたやまゆうこ 


でもー!
我が心の相棒ジャノメコンビ2200EXの、ボタンホーラーが調子が悪いのですよ!
なのでボタンホールだけできてないのですよ。
手縫いでちまちまやる気力はもう残ってないのですよ。
ああ家庭用ボタンホール専用ミシンをメーカーさん作ってくれないかしら。
シャツ大好き人間にとっては美しいボタンホールは命。
今まで調子の悪いジャノメで妥協してたけど、もっと綺麗につくりたい、
と思うようになってしまった。
なので明日着るかどうかは不明〜
ああ何着よう。










そもそも私が白いシャツとカシュクールが好きな原点はなんぞやと思いを巡らしてみたところ。







ma 





故:キャロリン・べセット・ケネディさんのこのコーデが衝撃的だった、

ってことを思い出しましたわ。

パーティに夫の白いシャツと黒のタイトマキシスカート、アクセサリーなし、

でサマになる、って超かっこいい。

そういや同い年なのよねえ。あ、トシバレた。



シンプルすぎるぐらいのコーデ、ホント好き。

まあこの方ほどのスレンダーボディもセンスも度胸も持ち合わせておりませんので、

せいぜい難点をカバーできるコーデに精を出そうと思っております。

とはいえコーデできるほどアイテムが揃っておりませぬので

いっぱいつくりたーい!

買いに走らないところが我ながら大したもんだと思う今日このごろ。




ところで明日、ほんと何着ましょ。












悩むー!(ってほどアイテム持ってないけどさ・・・とほほ・・・)






































自己表現としてのファッション〜ドレスコード及びフォーマルドレスについての一考察〜 こりゃまた堅いねの巻






鳩が豆鉄砲食らったような顔をしてますがアイラインとつけまのおかげでいつもより目が大きくなっております。



no 



先日わたくしパーティ会場に合わせて無いアイテムを無理やり作り出し、
ドレスアップしたんですけれども。
レディの杖たる夫もそれなりの格好をしたんですけれども。







普段着じゃね?ソレ
って方もいらっしゃいまして・・・
ちょっとテンションが下がっちゃったんですね。
そういうことに敏感な夫もテンション下がってましてね。
いや別にドレスコードなかったからいいんですけどね。
なんか会場に合わせたドレスアップしてる方々のほうがコスプレっぽく見えたりして
切なくなりました。
細かいかね私うるさすぎるかね。
だからドレスコードなかったんだからいいんだってば、と無理やりモヤモヤを抑え込む私。






以前森瑶子さんだったかな林真理子さんだったかな
エッセイで書いてらっしゃったのを思い出しました。もう20年以上前の話だと思います。
パリのオペラ座で、森瑶子さんたちが、
みんな最大級にドレスアップしてオペラを楽しもうとしていたときのことです。
タキシードとイブニングドレスのさんざめく中を、ちょこまかと縫うように、
しわくちゃのパンフレットを持って歩くジーンズとセーターの、日本人カップルがいて、
同じ日本人として悲しくなったというお話です。


似たようなことを伊丹十三さんも書いてらしたですね。
わたくし伊丹十三さんの、「ヨーロッパ退屈日記」が大変好きです。







わたくし常々、ファッションは自己表現であると思っておりますし
誰に何と言われようと自分が好きな格好をしたらいい、とは思ってはいるのです。
ですがやはりね、その、ファッションを楽しむというのは、わざわざルールや形式に自分をはめこむ
という、ある種M的な楽しみもあると思うんですよね。
宮殿だからローブ・デコルテ よねーとか
お好み焼き屋だからジャージよねーとか。ちょっと違うか。





わたくし上流階級でも何でも無いし、どちらかというとプロレタリアで肉体派なインドア人間です。
(ナンダソレ)
そんな人間でも、できる範囲で伝統に則ったおしゃれをする、っていう楽しみもあると思うのです。
だってスンバラシイ宮殿とか皇居とか、興味本位だけど行ってみたいもん。
もしパーチーに招かれたら最大限にルールを学んで準備すると思うの。
普段できないおしゃれをするって、私にはめっちゃワクワクすることなんですよー!
だからドレスなかったら作っちゃう!着物だったら作れないから詳しい人に聞いて借りる!
コスプレイヤーの気持ちが非常によくわかる!




つまり何が言いたいかというと、せっかく非日常的な空間に身を置くなら
目一杯その空間を楽しめるように、自分のテンションファッションモチベーションをアップした方が
楽しいんじゃないかなーと思った、ってだけなんですけどね。









さてつまらない愚痴は置いといて。(その割には長かったな)




最近マイブームのフォーマルドレスの件でございます。
女性の最高級フォーマルといえばウェディングドレス!
中でもわたくしこの方のウェディングドレスが最高に好きでございます。


その方とは・・・
スペインのレティシア妃!

ha

普段こんな本買わないんですけどジャケ買いならぬ表紙買い。
このドレスに一目惚れ〜♪


hi 

妃のスレンダーでナイスなボディがあるからこそのこの着こなしですけれども
もうとにかくキャリアウーマンだった彼女の良さが最大限に引き出されてる〜!と思うわけです。
ウェディングドレスは、女性として最高級最大級の自己表現ではないですか!
ちなみにわたくし結婚式をあげてませんでウェディングドレス着たことないんですがね。

シンプルなデザイン、この生地の質感、刺繍の控えめながら溢れ出る上質感、
トーンを抑えたティアラにベール、きっちりしすぎないヘアメイク、
ネックレスをあえてせず、鎖骨を縁取るカラーのデザインの美しさ、
ブーケも作り込み過ぎてないところが憎いし、リボンはゴールドなんですかねノスタルジックなブラウンなんですかね、もう全てが好み〜!
こういうのを引き算のおしゃれ?っていうんですかね。それをウェディングドレスでやるってもう。
もうレティシア妃のセンスが全て凝縮されたようなこのドレスは
わたくしの大々だ〜い好き!萌え死ぬ!狂う!ぐらいなドレスでございます。




hu

このネックラインの立ち上がり・・・
雑誌を手に取りページをめくってため息をつきながら、
どうやって作るんだろ
芯かしら針金状なものを入れてんのかしら
プリンセスラインからスカートの切り替えがわかんないけどどうやってんの?
と下世話な詮索をしております。

ウェディングドレスってそのとき何時間か着るだけですもん、超贅沢なドレスだよなあ・・・
んでもってね、レディの杖と申しますか、結婚式だから当たり前なんだけど花婿、男性がちゃんと傍にいる!ということも大事な要素です。
傍に男性がいて、完成するドレスアップというものは、
男性は完全にエスコートと杖でしかないですな。ホホホ
でもそれで、女性を守ることで出る男性ならではの魅力がいや増すというものでしょう。


自分の腕も経済力もいつものごとく高い高い棚の上に上げて、
こーんなドレスを作ってみたい、もちろんウェディングではなくって
フォーマルとしてアレンジして、作ってみたーい!と妄想っているわけなのです。
んでどこへ着ていくんだ、って話なんですけどね。


あくまでもわたくしの場合だけなんですが、
ドレスを作ってる間じゅう、女性として美しくありたい!というヘロモンかオーラかなんか
わかりませんが、そんなんが出てるわけです。
それはすってきーなファッション雑誌を見てるときもそうです。
んで超ワクワクするんですね。
なんとなく二段腹の深さが浅くなったような気さえ致します。お肌もちょっと艶めいたりして。
たとえ縫ってる最中着てるもんは毛玉がついて伸びきったセーターでもね。
出来上がったドレスがどうもおかしい、と気づいて撃沈してもね。
作ってる間のプロセスからして楽しいんですよ。
普段着もお気に入りができると嬉しいけど、やっぱドレスって女性にとって特別だなあ、って
痛感したここ数日間なのでした。






いつもよりさらなる長文に最後までおつきあいくださりありがとうございます!







希少価値ツイードでタックパンツワイド作ったよ裾に悩み中〜の巻




いつも私の好みそうなものを譲って下さるお客様が。



こーんな素敵なものをくださったんですよぉ〜狂喜乱舞!
仕事でお宅にお伺いしたとき、無造作に抱えて持ってらした瞬間から私の視線はもう、
この生地に釘付けでしたー!ォ━━(#゚Д゚#)━━!!





ウン10年前に、ご主人が出張先のインドで購入し、運んできたというツイードだそうです!


インドといえばイギリス領だったから、ひょっとしてハリスツイード!?!?
ンなわきゃないわよとお客様はおっしゃってたけど。
すんごく柔らかくって質が良さそう!
この写真の色が一番実物に近く出ました。

ta

私、ツイードってちゃんと触ったことなかった。
非常に手触りが良いでございます!
このおじさんツイードを、可愛く仕立てて少年ぽく着たい、とすぐさまイメージは湧きました!
自分の年齢は無視!
イメージありきなの〜



なので最初はサロペットにしよう、と思ったのですが。
私はとにかくせっかちなので、トイレ問題が切実だなーと思い、(どんだけ〜)
パンツに仕立てることにいたしました。


となれば今シーズン超お気に入りタックパンツワイドでーす。
サイズ2にしてさらにガバッとオーバーサイズにし、ベルトでぎゅっと締めて
着たいな!
ベルト一本しか持ってないけど!



もう春物のシーズンだし急がねば、着る機会を逃してしまうっ
貴重な生地だけど今迷ったらきっとずーっと寝かせることになりそうで、潔く裁断!


んで、初めての切りじつけなるものをやってみた!
そういやはるかはる〜かかなたの昔、家庭科の授業でスカート縫ったとき、
これやったような気がする・・・

ってぐらいやったことなかった。
意外に簡単。
てかこれでいいのかな。糸が長すぎる?

ti





でもやっぱり貴重な生地なもんで、少しでも節約したくってこーんなことも・・・

tu 

ギリギリまで寄せる寄せるっ笑

そして発見。
私は今までずーっとこうやってケチケチ裁断して、
無地の生地のときなんか、布目線とか無視してたなと。
だから出来上がりが微妙に歪んだりしてたんだなと。
我流だと失敗から覚えることってたくさんあるわねえ。(トオイ目)






ぢゃーん!



te 

二枚目だから早くできた〜♪
裾はまだ仕上げておりません。
くるくる巻き上げて履くには意外にハリが足りなかったので、
カフスつけてダブルにしようかバイアス処理して長め丈にしようか悩み中。
うーんでもダブルだと重いかな。こんだけダブダブだし。親父ギャグか。



クリームイエローのシルクシャツも、おなじお客様からのいただき物で超お気に入り♪
もう鎌倉に足向けて眠れない。
鎌倉ならどっちかわかる。







後ろ姿はこんな感じ〜
サスペンダーとかしたいな。持ってないけど。笑

to

ベルトとベルトループが仕上がってみたら結構雑・・・
厚くて縫い辛かったのもあるけど、うーんどうしよう。直すか。直さず居直るか。


・・・居直る方に3000点。








na

横から見た図〜
お父さんの服をこっそり借りて、大人ぶってる男の子、なイメージ出てるかなー
んでもアラフィフにはキツいかね。キツいんじゃなくイタイかね。
トップはもう少しタイトなトップス持ってきてみようかな。ないけど。
やっぱりワイドパンツ好き〜♡
これでまたボトムスのアイテムが増えたぞ!嬉しいなっと♪




ni

んでミスタードーナツじゃなくってIKEAでランチ〜
IKEAのレストランの雰囲気が好きなの。
みんな幸せそうじゃない?

ケーキの上の、あま〜いクリームは外して食べましたっ






先日ね、エルテドレスを作って、着てみて思った。
しかも考えうる限りのドレスアップって、非日常的ですんごく楽しい!
たいしてアイテムもアクセサリーも持ってないから、頭使ってひねり出したときの快感!
ホント極端から極端へ走るやつだなーと我ながら思うけど、




おしゃれって楽しい!ウキャーヽ(≧∀≦)ノ





だからもっと、そう、こーんなドレスも着られるように、ボディを引き締めたくってさ!


ne 

ちょっと昔の画像だけど、ヴィクトリアのこの潔いコーデ、めっちゃ憧れる〜
バッグすら持たない方がいいわよね。

理想だけは高く!いや理想だからこそ高く!
自分のことはさらにはるか高ア〜い棚に!





おあとがよろしいようで。
いつもながらの長文読んでくだすってありがと〜

















プロフィール

mituco.co

Author:mituco.co
縫うことが大好きで
美しい布が大好きで
シンプルだけど個性的な着こなしが好きで
自分に似合う服を作りたくって奮闘してます
洋裁ド初心者の「なんちゃってクチュリエ」だけど
心は職人!(artisan!)
丁寧なつくりで長く着られる服作りを目指してます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR