美しい服を作るためにmituco.がした100のこと その8 長文注意報発令中〜笑


美しい服を作るために以下同文100のことシリーズ 
その8 は、





余り布を潔く捨てる!




でした〜






ちなみにこれは現在進行中のタックパンツワイド裁断後の端切れ。
目をつぶってえいや!って捨てた。(´;ω;`)


ta

オリーブオイルのでっかい缶を、洋裁部屋のゴミ箱にしてます。
捨てやすいように傘立て?鉢カバー?どっかから夫が拾ってきたやつに乗っけて
高さを出しています。



ついつい端切れを取っておく癖があって、
たまにそれを目にしちゃうと「あーこれで何か作れないかなー」
って妄想の世界にすっ飛んでってしまう。
そうすると今やってることが進まないし、ケアレスミスも増えちゃう。



取っといたって結局なんにも作りゃしないのよね。
なんとか有効利用しようとあれこれ悩むだけの時間が過ぎる。
んで部屋中切れ端だらけになる。
んでご飯支度が遅れて大慌て、なーんてことを、かつて際限なく繰り返した結果、
もう潔く捨てる決意をしたのですっ
バッグとか小物も作りたいけど、今は余計な情報を目の前に置かないようにしています。
つまり端切れを捨てることは、私にとって集中力を高めるということにつながるのだ!




・・・それぐらい私、集中力散漫なんですよ奥さん。
よく言えばいっぺんにいろんなことを同時進行できるタイプなんですがね。
でも精度落ちるもんね。
丁寧な仕上げの服を作りたいのよ私。
この点に関してはものすっごく努力してるなあと自分を褒めてあげたい。
ズボラで雑で超せっかちで、すぐ結果を出したい私が、
こと洋裁に関しては気の遠くなるほど気長に丁寧にやってる。
ウンウンえらいぞ私。

たかだか端切れを捨てるだけのことをこんなに長々書き散らかしてるのは
よほどに端切れ捨てるのが辛かったらしい(笑)







さておじさんウールで作るタックパンツワイドの進捗状況報告をば。




昨日は夜中までかかってタックパンツワイドの型紙の、ライン修正したよ〜
どうもあの内側の股下カーブが微妙に先すぼまりになるんじゃなかろうかと思い
なんとかストレートに落ちるように直したくってジタバタ。

あれこれ本を引っ張り出して比較したり悩んで悩んで、
結局脇のラインをテキトーに外側に出したのみ。
これ以上の操作は私には無理だ!恐ろしくでできない!

裾線はぐっと長くして、縫い代分も含めて計15cm追加してみた。
ハイヒールでコーデしたいんだよね。
修正したものはギャザースカート並みにボリュームが出るので、
夫のアドバイスにより、バランス取るにはウエストベルト太くした方がいいんでは、
ということなので2cmほど太くしてみた。


疲れ切って型紙画像は撮れませんでした〜
疲れ果ててるけどなんかハイテンションなのよね。
ずっと布触ってたい。ミシンに触ってたい。



今日はだいぶ縫い進んだのだけど、
ファスナー付け終えたらほんのすこーし、ツレてて、それが気に入らなくって
やり直し!
ファスナー外したところで心が折れて、本日はこれにて終了。
このおじさんウール、ツヤがあってほんのちょっとのツレの影も目立つのよ。
おまたのところだから余計に視線が集中しちゃうしどうしてもスルーできなかった!
昔の私なら気にしない気にしない、って進めちゃってたな。
ホント成長したもんだ。(自画自賛)
明日は仕事だからまだまだ完成は先だな〜



長文におつきあいくださりありがとうございますっ!




さーて作るよ ひとりボトムス祭だぁ〜


夫一人の現場仕事が続いてるのをいいことに
洋裁部屋ヒキコモリDAYが続いて嬉しいったら♪




さてさてオサレな場所へお出かけできる服がほぼ皆無な私。
それもボトムスが全然ない私。


ようやく取り掛かりますよっ
ボトムスアイテムを増やすのだ!
早く作らないと冬生地が着られなくなる〜(;゜0゜)




うりゃー!
とうとうこれに手を出します!

大きな服を着る、小さな服を着る。 | 濱田 明日香 |本 | 通販 | Amazon

からーの
タックパンツワイド!
何のために日暮里行ったかってーとこれを作りたいがために行ったようなもんなのだ!

si





使うのはこのおじさん生地。
けっこう重くて落ち感のあるウール。

su 





元デザインはキャンバス生地だからめっちゃハリがある。
ハリあってこそのこのラインだと思うので
このおじさんウールだとラインが変わってくるんじゃないかと思い
念のためトワルを作ってみたよ。




そしたらさ・・・




何でこんなにベルトあまるわけ?(縫い方もひどいけどさスルーしてくださいませっ)
ぜんぶで10センチは軽く違うよね。

se


サイズ間違えたかしらタックたたみすぎたかしら
それとも型紙じたいを写し間違えたかしらと
あれこれチェックしてみたけど型紙は間違ってない。
ならば間違えてるのは私のアタマだ!
と よーく工程を振り返ってみたら・・・・








ポケット省略したので脇布分が加わってなかったのね。








ハイ恒例と化しております




○| ̄|_



さっ

いつものことだからオノレの脳タリンをほっといて次行きましょ次。






てな訳で試着したらばお腹んとこがモロ見えなので着画は割愛させていただきます。
だから本来のライン確認ができてないけど

so


やっぱりちょいコクーン気味なラインはこの落ち感のある生地には向いてなさそう。
うーんmisuzuさんがラインを変えた気持ちがわかるなあ

【完成!】既製品でも見つけられなかった理想のワイドパンツ出来たぁ♪





んでこのパンツはモードから程遠い昭和レトロな私には、かなり冒険かも・・・
ごくフツーのワイドパンツが良いのかも・・・



我が家の辛口ファッション評論家、夫ドノが帰宅次第、ご意見伺おうかと思いまふ・・・








恥ずかしながら恥さらし 災い転じて福と為す〜の巻



昨夜脳みそヒートアップしつつ夫のための縮緬ズボン下を作ったんですが。

昨日は試着まで行かず今朝ようやっと試着してもらったところ・・・

やっぱ失敗でした・・・






悔しまぎれに恥をさらします!(*`^´)=3





紋を生かしたくって、
どこに入れたらかっこいいかめっちゃ悩んでこの位置にしたんだけど。

ki

腰回りの縫い代を間違って裁断しちゃって
夫細いから大丈夫よねーなんて適当に縫ったらやっぱり細すぎて。
履けるけど動きがままならず。
ステッチの勉強!と思って目立つステッチにしたけどこれもまたなんかイマイチ。





「せっかく縫ってもらったけど、もし直してもらっても、これを履くか、と言われたら・・・
履かないよねえ・・・」




と、夫に言われてあきらめがついた!
わざわざ買った布じゃなくってよかった、解くのにかかった手間を考えたらもう情けないけど、
気に入らないならしょうがないもん!
次いこ次!








・・・ってんでしつこくまた同じ型紙でとりかかりましたよ!
今度はおデブギャザースカートの残り布でカシミアズボン下!



うひゃー縮緬と比べたらまち針全然いらねーガッスガス縫えるわー、
丈足りないからパネルカット風に継ぎ足しましょ、ってフンフンフーン♪と縫い進んでて







やらかした。








もう笑うっきゃなかった。
裾を継ぎ足したつもりでウエストに縫いつけちゃった。



左後ろズボンのウエストに、よりによっておりふせ縫いで縫い足してしまいました。
バカーバカーバカーと自らを罵りながら解いたところ。

ku ke 

こんなに縫い代違うのになんで気がつかないかねえ・・・
気がつかないんだよねえ・・・



注意力散漫だわ
もうすぐ新月だからそのせいだわ




そしてまだまだ続く新月の影響。
右前と左前がなぜか逆になってしまって前開きがどうやっても本とは逆になるの。
これって裁断した段階での間違いかしら?
布が足りないからってあれこれ工夫しながら一枚ずつ裁断したときに間違えたのかしら?
そういや前にパジャマ作った時もおんなじ間違いしなかったっけ?
学習能力ないんじゃね?








・・・・・・・・・ ○| ̄|_








でもいいや!夫のだもん!(立ち直り早い)
開かないよりマシだわ!



無理やり自分を納得させてあとは裾始末のみー
と思いきや、夫がウエストゴムは嫌だというのでウエスト始末終わってから
手かがりでボタンホールを作ったりして非常にめんどくさかった・・・
紐は同じ生地で作りたかったけどもう生地がない。
手持ちの紐はちょっと重いけどしょうがないやね。
うーむ自分のもの以外だとなぜこんなにテキトーになるんでしょうか。





お風呂上りに着画〜♪
いろいろ写り込んでるけどスルーして〜(/∀\*)




軽くて履いてないみたい、と大絶賛してくれました・・・
縫い目とか裏の始末とか、すごくうまくなったねーって。
見てないようで見ててくれてるのねーうるるっ(;д;)
継ぎ足しの裾もかっこいい、って言ってくれて失敗したとは言えませんでしたわ・・・


sa ko


今回の教訓。
布が足りないときは、あまり無理しないでその用尺でできるものを選ぼう。
裁断台があるんだからちゃんと型紙を配置して、右左を確認してから裁断しよう。


そしてもっとうまくなって、夫にも素敵&着心地のいいオシャレ服を作ってあげたい!
まずは自分が第一だけどねっ(ノ∇≦*)キャハ





















またまたシルクを縫っとります〜



昨日の大デブスカートは放置して熟成させております。(´∀`*;)ゞ






不完全燃焼なのでまたまたシルクに挑戦中!

夫のズボン下を縫っています。

夫お気に入りのシルクジャージーのももひきが続けざまに着用に値しないぐらいになっちゃって、

急遽作ることにいたしました。

自分のものを作るのにはお金をかけるけど、夫のものはできるだけコストをかけませーん(*≧∪≦)

なので着ない喪服をほどいたものを使ってます。

こないだタイトスカートとボウブラウスを、

めっちゃ気を使って縫った余韻がまだ残ってているので簡単なものしか作りたくないのです。

でもミシンは触りたい、ってなときは、夫のものを縫うのは丁度いいリハビリですな!

って夫ごめーん(//>ω<)

でもみなさん大作を縫った後はサクッと簡単に縫えるものを縫いたいのね!

かたやまゆうこセンセの教室でもみなさんそうみたいでホッとしました。

シュリンプオレンジでレトロ要素を入れたトップスを

う〜私もチェスターコート作りたいな。

でも今シーズンは無理だな。








さてさて夫のズボン下の参考にしたのはコレ。

夏に縫ったパジャマズボン。

IMG_3681.jpg


夫は肩と胸囲はM〜LだけどほかはS、でも丈はMサイズという体系。

つまりは肩以外私より細かったりするので ○| ̄|_

サイジングが結構大変です。

このパジャマもSで作ったのだけどだぶついていたので、少し細くしてみました。

反物の36㎝幅に合わせる必要もあったしねっ












んが。

やっぱりシルクって扱いづらーい!

縮緬だから以前縫った長襦袢生地よりは滑りにくいだろうなんて安易に取りかかったら

ドツボにハマりましたわ。

でも多少学習効果はありましたわ。あと裁断台に救われましたわ。

やっぱり布を広げて作業できる台ってすんごく便利!

でもってもう一つ。

男物は前開きってものがあるんだったことを忘れてましたわ。

自分のパンツを作るときの練習台になるからいっか、と思ってやってますが・・・

型紙もあるし3時間ぐらいでできるわよね、なんて思ったのが大間違いだった・・・

前開きの作り方すっかり忘れてるし・・・

おまけに右前パンツの裏表間違えるし・・・

今日中にできるのかな・・・

ドヤ顏でハイこれ!って渡して、喜ばせようと思ったのにな・・・












もし今日中にできたら写真アップしまーす!

で、できるのかな・・・滝汗
















裁断台が出来た嬉しいな♪ から〜の衝撃の事実。


夫に裁断台を作ってもらいました〜♪ 



u

以前ミシンテーブルに使っていた天板に、足をつけてもらって

洋裁部屋のど真ん中に置いてもらいましたー!

それに伴いかなり大幅に洋裁部屋の模様替えをしたので

よりいっそう使いやすくなったのですー嬉しいなっと♪

ちなみにこの裁断台の上からコンセントが垂れるように配線してもらったので

アイロンコードも邪魔にならないのです!

夫にいろいろ頼むのが申し訳なくって我慢して床で裁断したりしてたのだけど、

思い切って頼んで良かったー

なんて快適なんでしょう!







作るっきゃないです!

でも、先日ものすっごい気を使って縫ったので、サクッと縫えるものがいいな〜、と

手に取ったのは、スワニーさんのセールでゲットして、寝かせたまんまだったカシミア。

君は一体どんな服になりたいんだい?と鏡の前で体に巻きつけてたらパッとひらめいた!

すんごく軽くて薄いので、これを生かしてたっぷりギャザースカートにしよう!

この薄さならもたつかないはず!







苦手のギャザー寄せも今回めっちゃうまくいって嬉しい〜

ちゃんと等分割してまち針打って寄せていくという基本を守ればうまくいくのよね。

あまりにも美しく寄ったギャザー(※当社比)に感動して記念撮影❤︎

e




マキシ丈なので裾ラインはそんなに気にしなくてもいいかな、と思いつつも

一応試着してみてから決めようと着てみたところ・・・・









o  ka


・・・・

デブです。

夫にもびっくりされるほどデブでした。

二枚目は幾分細く見えるけどヒネリ入れてるからなの。

実物は鏡から目を逸らしたくなりました・・・

生地の色と質感と、ギャザー効果でデブなのだとは思うのですが・・・








そして静電気がすごい!

裏地必須だったわ。もう足にバシバシくっついてきちゃってスカートに見えない。

写真取った時は中に裾除けをつけております。

ペチコートというものも持っておらんのですあたくし・・・





このスカート、ギャザーを寄せてからベルトに付けて、さらにベルトにゴムを入れて

スッキリ見えるように工夫してあるのにもかかわらず

デブ。







・・・・○| ̄|_










でもめげないっ!

なんとかコーディネート工夫してスッキリ着こなしてみせる!

ベルトはもう少し太くしたり何かアクセント加えよう!

裏地をつけるかペチコートを作るかしよう!裏地面倒だからペチコートだな!

そんで痩せる!

お正月太りから体型は戻ったものの、元が太いんじゃー!








目を逸らしてた事実に直面させられましたわ。

よしっ明日から晩酌はなし!
















01/24のツイートまとめ

OhtaMitsuko

@himayome0627 指がセクシーだ。萌えた。
01-24 13:28

美しい服を作るためにmituco.がした100のこと その7



押し寄せる寒波に縮こまっておりました〜
8畳フローリング洋裁部屋に小さな電気ストーブだけではいかにも寒い!
手がかじかむ!






というわけでミシンには触れず洋裁脳をキタエテおりました
(※洋裁本やファッション誌を眺めて楽しむことを指す)






さて美しい服を作るために以下同文シリーズその7です!





その7、それは、





ハンドケアと老眼鏡購入だーーーーーーーーーーー!

とうとう買ってしまった老眼鏡・・・・




ツタヤで売ってた1.0度数のだぜいえ〜いトホホ(´∀`*;)ゞ

a 

以前から老眼気味ではあったのですが

新しいミシンは糸通し機能もあってそれほど不便には思っておりませんでした

ですがしっかり型紙をトレースしよう布目合わせをしっかりしようと思いましたらですね、

ぼやけちゃってダメなんです!

それでもなんだか悔しくて意地になっていたんですが、

やっぱり限界だなと観念しました

そんな折たまたま洋裁本チェックに入ったツタヤに老眼鏡がディスプレイしてあったので

即買い。

ディスプレイしてあった中で、度数が比較的合い、一番グラスの大きいものにしました

見えやすく快適です・・・

悔しいけど・・・(*`皿´*)ウギギ






ええ外ではかけませんし洋裁するときだけですから掛け心地がよく視野が広いってのが優先です

でもでも老眼を自分で認めるのたいそう時間がかかりました・・・

1.0の度数でも微妙に強いのですけれど、わざわざ老眼鏡を作る気持ちにはなれません。

わしゃまだまだ耄碌しとらんぞ!

と意地をはる気持ちがなんだかわかる気がするのでした・・・(。pω-。)










そしてハンドケアです

こないだシルクを縫いましたら指先のささくれにシルクが引っかかり

ミシン糸にも引っかかっていつもよりすごーい時間がかかってしまったので、

ちゃんとケアしなくっちゃとハンドクリームを買いました

わたくしiPhoneを使っておりますが時々タッチパネルが反応しないほど乾燥肌なんです

こまめにハンドクリームを塗っておりましたらなんだか手先から肌が喜んでいるようで

もっと早く手当てしてあげるんだったなあと思いました

聞くところによるとシルクというものは手の脂を吸うようで

多分他の生地も多少はそうなんだろうと思いますが

呉服屋さんなどでシルクに日常触れていると手の脂けが抜けてくるとか何か

確か林真理子さんの小説で書いてあったような。











そんなこんなで次に作りたいものは決まっているのですが

寒さに縮こまって何もできておりませんでした

暖かくなったので早速取り掛かろうと思います







んで。

Qoo10 キューテン公式通販サイト - 国内・海外商品激安ショッピング‎

で紹介してたパーカが気になって写真保存





この袖口のデザインがいいなあと思いまして

リブ編みにボタン部分は切り替えになってるのね

パーカも作りたくてスタンバイしてるんですが

リブニットがないので作れないのでした

でもいつかこのアイディアで作りたいな!



i



モデルさんみたいなスレンダーな着こなしは到底無理だけど〜

大人可愛く作りたい〜♪























01/23のツイートまとめ

OhtaMitsuko

湯婆婆「フン。https://t.co/zeLcnZkFqaというのかい?……いい名だねぇ。負けたよ……。あんたはその名前のまま、ここで生きていきな!!」#湯婆婆命名チャレンジhttps://t.co/wkaVOpzC3D
01-23 12:51

生地たっくさんいただいちゃったー!




鎌倉の大恩人のお客様から
生地いただいちゃいましたー!


左からブルーの菊模様の浴衣生地
ピンクの猫と緑の犬のプリントの子供用生地
ビンテージの花模様のローン
赤いびわの実と葉っぱにに見える厚地のコットン
麻の葉模様の長襦袢を解いたもの
ご主人がインドやインドネシアで買ってらしたというコットン3種

ゆ

コットンはどれも洗いこまれててとっても綺麗な状態です
即座に汗を吸い込んでくれそうな肌触り
お客様のお母様が使ってらしたものもあり(ちなみにお客様は80歳すぎ!!!)
堂々のビンテージ物ばかりでございます
私こういう時代と人の手を通ってきた生地も大好きなのです
お客様はどの生地も出所とエピソードをご存知でその記憶力のすごさに感心しきり
そんなエピソードを聞くのも楽しくて
布にまつわる人の思いが愛おしくって
どうして布というものは私をこんなに魅了するのだろうと不思議に思います
前世とかの記憶なのかしらね+゚。*(*´∀`*)*。゚+
いただきものだと自分の選ばないものがあるから
そこでまた新しいシナプスがオンになるので
そういう出会いがすっごく興奮します
インドネシアの布はポケット裏とかに使ったら面白そう!
淡い花柄は昭和レトロなワンピースにしたらどうかしら
紺の菊柄浴衣生地はギャザーたっぷりのスカートがいいかなあ
ちなみに私インド料理が得意料理なのでインドの布はもちろん大好き!
そんなこともわかってくださってセレクトしてくださった思いが伝わって
感謝感激でございました



どれも夏むきの生地なので夏に向けて楽しみにしておくとして
長襦袢生地はシルクなので早速縫ってみたくなりました
先日ゲットした黒のシルクの練習台!と言ってはなんだけど






んで何を縫ったかというと



驚くなかれ














よ 

ぱんつーーーーーーーーーー!
キャ(/ω\*))((*/ωヽ)ァァ











いえね
ずいぶん前から西洋下着の代わりになるオリジナル下着を作りたくてじたばたしてたんですけど
そのためにまずは西洋下着から知らねばと思って
手作りランジェリーなる本も購入して準備してたんですよ

手作りランジェリー―アウター感覚で着るインナー大集合! (レディブティックシリーズ (1404))

(この本今だったらアウトな感じの写真よね・・・)




締め付け大嫌いだけど巷で出回ってるふんどしぱんつなるものはどうも色っぽくないし
ゴムを工夫したりすれば自分好みのものができるのではないかと思いまして
まずは本の通りに試作してみました!





とてもじゃないけど着画は無理っす(ノω`*)ノ
てか試着しておりませんです





それよりもツルツルのシルクを縫うのが大変でしたー!
たいして難しくないものだけれど、私の指がね、ささくれてしまってて
引っかかるんですよー
そんでもってバイアス裁ちなので36㎝幅の反物では後ろぱんつが取れなくって
真ん中ではぎ合わせてます
もっとも苦労したのがロックミシン!
押さえ圧とか変えてみたけどイマイチきれいになりません
これは針を変えるべきかなー
試作だからと無精したのがいけなかったなー
でもシルク好きー
また縫いたい!














 夫の美意識




さて本日はこのブログ内にしょっちゅう登場してくる我が夫のことを少し。






夫は幼少時より美しいものが大好きなおしゃれさん。
流行り物に乗っかってたこともあるけど今はラグジュアリーなファッションに興味があるみたいで
THE RAKE JAPAN EDITION
なんか購読しちゃってます。((((;゚Д゚)))))))
古いものも大好きで、こないだの結婚記念日旅行でも、私が生地を漁ってる間に
近くでちゃっかり骨董屋さんを見つけてくまなく見て回ってました。






そしてこの鼈甲のブローチに一目惚れして
このブローチを中心にしたコーディネートをしたい!
と思ったそうで、ソッコーお買い上げ。



め



このブローチ中心のコーディネートって・・・ドンナカッコスンジャロ・・・?






ソムリエスタイル・・・?
と考えてしまう私って発想が貧困かしら( /ω)










夫のこだわりはいろんなとこにありますが
最近完成したこのクローゼットも超こだわってます

も 

非常に使いづらい作り付けの収納だったんですが
コンパネを打ちつけただけだった内部を改造してます。
私の下手な写真ではよくわからないけど、
部屋の壁よりトーンを落とした色を塗って、コンクリート風にして、
洋服を引き立たせるようにしたんですって。(゚д゚)

ちなみに部屋の壁や木部も全て自分で塗り替えてます
ジャケットかけてる木のバーもネクタイ掛けも手作り。

や 


もー下にあるこのハット見て!
こんなハット、誰がかぶるの!(夫だ)

帝国制帽株式会社テイボー - Wikipedia
のもので、この会社は今はもうフェルト帽は作ってなくて、めっちゃ貴重なものらしいです。
無知な私が見てもめちゃくちゃ上質なのがわかる。
そんでこんな帽子がまた似合うんですよねえ・・・





とまあこんな風におしゃれ大好きな夫なので
おしゃれのためには多少の暑さ寒さ痛さ辛さは気にならない!ってヒトでした
最近は寄る年波のせいか(笑)着心地優先になってきてます
夫からみたら私はもう外に出すのがはばかられるぐらいなイキモノらしいですが
夫婦ってよくできてますね(苦笑)



それにしてもお気に入りの洋服を入れるためのクローゼットから作るって
常軌を逸してる気もするんですが
理解不可能なだけに理解できるというか
確かに素敵な絵でも額縁で随分変わってきますしね
美しくものを見せるということにおいては夫はピカイチだと思っております
そんな夫のスパルタ教育のおかげで少しは私のセンスも磨かれてきたかなと思うんですが
それが服作りにも生きてきたらいいなと思う今日この頃です(´∀`*;)ゞ










プロフィール

mituco.co

Author:mituco.co
縫うことが大好きで
美しい布が大好きで
シンプルだけど個性的な着こなしが好きで
自分に似合う服を作りたくって奮闘してます
洋裁ド初心者の「なんちゃってクチュリエ」だけど
心は職人!(artisan!)
丁寧なつくりで長く着られる服作りを目指してます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR