洋裁妖怪ものがたり 〜ダンス衣装編〜

FullSizeRender_20170924021257b5f.jpg



アイフォンのアップデート後
写真がうまく乗っけられなくなっちゃったmituco.です
なんか字が見づらいですねどうしよう
ちょいと風邪気味でいつもの暑苦しさが
トーンダウンしておりますが
語っちゃうよっ






今回は特別なお衣装のお話です。



わたくしダンスを見るのも踊るのもとっても好きで
30歳頃からいろいろやってました
社交ダンスにジャズダンス。ヒップホップ。
どれも長続きしなかったけど
一番長く続いたのがフラ(ダンス)です。


習おうと思ったきっかけが、
先に習っていた友人に見せてもらったハワイのフラ大会のビデオ。
2001年ミスアロハフラに輝いた、
ナターシャ・K・オダというダンサーのカヒコ(古典フラ)
を見てからです。
Miss Aloha 2001 Natasha Oda Merrie Monarch - YouTube



もうシビレましたね。
こんなカヒコを踊りたい!と思いました。
年甲斐もなく笑



んでその頃地元にたったひとつあったハラウ(教室)で
習い始めるんですが
ある程度踊れるようになったら発表会っつーものがあります。
その頃は先生がハワイから衣装用の生地を輸入してたんだったかな、
だもんだから縫い賃含めると高いんですよ!
なので生地代だけ払ってマイサイズに裁断してもらって
自分で縫いました。
でもデザインが基本、ダサいんです!
昔若かった生徒さんたちが
「ノースリーブは二の腕出るからイヤ!」
とか言うんで、微妙なベルスリーブとか
パフスリーブとかになっちゃうんですよ。
昔若かった生徒さんたちがほとんどの教室だったので
先生も強いことは言えません
てか先生自身バッチリ二の腕隠すんですもの
フラなんだから太くたってかえってセクシーなのに
舞台衣装なんだから多少二の腕出ても
スッキリしてた方が踊りも綺麗に見えるのになー
と思ってました。

(でも今自分が先生の年齢になってみたら
二の腕隠したい気持ちが非常によくわかるようになりましてん💦)

若い生徒が増えて、
ようやく若手だけでフォーメーション組めるようになった時は
思いっきりバンッ!キュー!バンッ!でアメリカンスリーブの
タイトな衣装をリクエストしました
それが冒頭の画像の真ん中衣装でございます笑
フラってのは腰から下がエモーショナルで感情や本能を表し、
上半身では手話のように歌の意味を表現します。
ハワイアンフラソングは表の意味は自然礼賛的な感じですが
裏の意味は大変エロいセクシーな内容だったりします。
それを大らかな笑顔で踊るんですから
縄文の香りが漂いますな。
んで
ダンサーは見た目が才能の一つでもありますから
凹凸が貧弱な人はブラパッドや尻パッドをてんこ盛りに入れます。
もちろん私は最大級に入れてました笑
あとねメイク!
もう元の目の大きさがどこいったんだ!?ってなぐらい
つけまつげてんこ盛りでシャドウもぐりぐり塗りたくります。
眉毛もがっつりイモトアヤコ並みに濃く!(太くはしない)
普通のメイクだとライトアップで飛んでしまうんです
舞台に上がるとどんだけ厚化粧でもちっとも変じゃない。
まあ私は平面糸目のどっからどう見てもアジアンな顔ですから
人一倍盛りましたよええそれはもうものすごく。




おばちゃんクラスに飽き足らなくなり
もうちょっと本格的な先生のハラウ(教室)に移りました。
シンプルで清楚な踊りが持ち味のハラウだったので
発表会衣装もシンプルで大変上品で好きでした。
でも専門の縫い子さんに依頼するので自分で縫うことはままならず。
あと下っ端は使い回しの衣装なんですよーとほほ
んでよく先生に、
「あなたの踊りどっか違う(変)なのよねー、なんだろう・・・」
って言われてまして、
発表会ビデオを見て先生が言いました。
「わかった動きがなんか多いのよ!」
と。


そうわたくし表現しようと思うあまり感情込めすぎて
表情も多かったですが
動きがどうもうるさかったみたいです笑


若手クラスの先生が同い年で
元小児科の看護師さんでもあって
大変に面白い人で大好きでした
そして表現者としてとても大切なことを教えてもらいました。


自分に酔いしれているかのように見えて
芯は研ぎ澄まされたように冷静な状態になれると
最高のパフォーマンスができる


というようなことだったと思います
それは先生がハワイの大会で賞を取った時の状態だったそうです







その後先生は家庭の事情でクラスを持つのをお辞めになりました
私は私で常日勤に変わってコンスタントに通えなくなり
若手がどんどん増えつつあった教室をやめることになりました。
まだみんな頑張ってるかな
りえちゃんはハワイの大会出たかな。


今でもフラは大好きで夫をオーディエンスに踊ってます
(夫にとっては拷問w)
そしてフラを習っていたことでドレスを縫う楽しみを覚えました
毎年パーティに出ていた頃は自作ドレスで出席しました
お引きずりのドレスも作ったよん♪
一番手が込んでたのはパイピングつきのチャイナドレスでしたね〜
なんだ私結構やれてたんじゃん。
知らぬが仏ってこのことですね笑


やっぱり特別な衣装を作るのは楽しいっす!
ささやかな私の布山には、紅白華やかなりし頃の
演歌歌手か!?と思われるラメラメな生地もあるんです
あれでいつかドレープドレスをば・・・と密かに目論んでおるのです!
そうそう来月からあの!天下一洋裁界2017が開催されますが
お題に
「非日常的な服」
なんてあったら楽しいだろうななんて思うのは私だけでしょうか。





ダンス愛と衣装愛におつきあいくださり
ありがとうっ
いやー実に長い。我ながら長い。
これに懲りずに
またみてね〜




チャオ〜☆












で、で、できた・・・エルテドレス・・・





花もぉ〜嵐もぉ〜、ふ〜みこぉえ〜て〜♪(古すぎ。)









とうとうできましたっ!
エルテドレス!
さあて今日も長文行くよー!覚悟はいいかー!
ってどんくらいの読者さんが読んでくださってるのか
わかりませんが・・・
読んでくださってありがとう!最初に感謝っとく!





she


我が家のトルソーちゃんはおチビなのでお引きずりのスカートになってます。
10センチヒールは危険と判断し5センチヒールに合わせて、歩きやすい丈にしました。
ベルトリボンは結ばずたらしてみた。



あー明日のパーチーに間に合ってよかった。
歩くとさらっと前スカートが揺れて、何気に足が見える。
脇を詰めなくって正解。詰めちゃったらきっと、
見えすぎちゃって〜困るの〜♪(ああ古い)

自分の大根足は高い棚の上に上げて、こういうチラ見せ大好きー!
スネに傷持つ身なのでタイツを履きますが、できれば生足で履きたいかもー!
叶姉妹がドレスを素肌に着る気持ちがちょっとだけわかるなあ。

首になんか欲しいよね。
ネックレスのようなものは何一つ持ってないのだけれども、
夫が買ってくれるそうな!いやっほう!



ストレッチ素材でとろみ感が出て、見た目はとっても気にいってまーす!




んで苦労した点などを恥とともにご紹介〜♪







まずは一番大事なドレープ部分がズレズレでーす♪(やけくそ)
リボンで隠れるからまーいっかー!

sa 



そんでもってファスナー止まりの部分がツレツレでーす♪
悪戦苦闘してるうちにほどけてきた部分を手縫いしたらこの有様。

ko










そして痛恨の針穴でーす♪(もう泣き笑い)


これね、コーティング加工がしてあるせいか、薄手の皮みたいに針穴がなかなか戻らないのですっ!
針を細いのにして、スチームアイロンかけてもこのぐらい。
こういうのはひょっとして特別な針を使うのかもしれない。
縫いまちがって解くなんてことは、危険すぎる布だった!
ガビーン、でございます。


んもう背中のいっちばん目立つところに・・・
ここはリボンでも隠れない。仕方ないから夫に常に背後に立っててもらおう。無理か。
アクセサリーとか派手にして視線をそらす作戦でいこう。

ke

今回使ったコンシールファスナー、テープ部分が丸まってしまって。
背骨みたいに微妙に表に響いてる・・・
ニット用を使うべきだったのかもと縫い終えてから気づいたけど時既に遅しっΣ(゚д゚|||)





とまあ、技術も経験もないからしょうがない。
初めて扱うストレッチ&コーティング生地を、よくここまでやった!
と無理やり自分を褒めてます。
そもそもこの、
世界で愛されるプリントのdress | 中西 教夫 |本 | 通販 | Amazon
作り方手順とか、微妙に無理があるんでないかしらん?と思いましたよ。
ファスナーは最初につける手順にして欲しいなあ!
やっぱ手順大事!だって初心者だもの私!

縫い代の幅が見頃とスカートで違うので迷ったし、
ベルトリボンはベルトループを作るとは書いてないけども、
切り替えのとこで結ぶと、ベルトがあってほしいところから落ちるんです。
(隠したいところというのが正解か・・・ ツツ〜ッ (つω-`。) ⬅︎ いつもの涙)
テロテロの素材を選んだ私が悪いのか、とも思いましたがどうなんだろ。
着やすさという点では70点かな〜
腕がやや動かしづらいんですの。
あとね、ダーツが私の体に合ってない。もうちょっとフィットさせたい。
ダーツ縫い直そうかと思ったけど泥沼になるので断念しました。
でもデザインは好き!
これをもっと着やすくカスタマイズしたいな。
もう一つ気になるドレスもあるんで図書館返却前にトレースしとこ!






そんなこんなで叶姉妹ドレスとエルテドレス、一気に二着つくって
大変だったけど楽しかったー!
使ったことない素材を扱うと、いっぱい発見がありますねえ。
私今まで綿とか麻とか絹とかウールとか、天然素材派だったんだけど、
化繊ってすごい!と思いました。
つくる洋服の幅も広がるなあ!そのうち柄物も挑戦したいな。





さー明日の着画、どうなりますことやら〜!
(もうパーチーの内容なんかどうでもよくなってるらしい・・・)



















叶姉妹ドレス却下後、エルテ風ドレス作製ちう〜完成までもう少し〜  の巻♪














mituco 、燃えてますっ!




ki 

お気に入りのYouTube画像。

この画像のように燃えに燃えまくって、(つまりお尻に火がついてる)
昼間パーティ用ドレス作製奮闘記であります。
がっつり長文いきますんでお時間のある方はお茶とお茶菓子でも用意しておつきあいくださいませっ













では唐突に画像を。












ぢゃーん。



ka



世界で愛されるプリントのdress | 中西 教夫 |本 | 通販 | Amazon




より、カシュクールのワンピースでございっ!
スカート丈をフルレングスにしたほかはほぼアレンジなし!
まだベルトできてません。
そして何より後ろファスナーがまだついてない。
拡大禁止ですよーだって身頃とスカートのタックがズレズレなんだもん。
って先にバラしとく
初ドレープだってことで許してっ


でもでも、7割がたは、できたと思うの!
身頃とスカートのタックが合わなかったことが悔しい〜(*`皿´*)ノ
糸を頻繁に解いたり、同じところを何度も縫い直すと、布が切れたようになるので断念しました。
生地は初日暮里の戦利品、コーティングっぽい光沢のあるネイビーのストレッチ。
光を吸い込むようなしっとりした質感がある、裏の方が気に入ったので
裏を表に使用。
とことんまで縫い目を表に出さない縫い方ですっ


これねー、仮縫いして着てみたら、めっちゃ美ラインなのですー!!!
濃い色の生地を使ったせいかもしれないけど、実際より確実に細く見える!
やや高めのウエスト切り替え、ドレープの陰影がポッコリお腹を隠してくれるし、
ストレッチだからお腹いっぱい食べても平気!
まさにパーティ向きの秀逸なドレスに仕上がりつつあります。
形が見えてくるときの嬉しさったらないね!
元ネタの参考素材は布帛なんだけど、ストレッチにしてよかった。
とろんと落ちるドレープが生きたぞーと自画自賛。



ちなみにこのドレス、
私のイメージとしてはエルテなんですよ。どこがじゃ、って思われるかも知んないけど。
エルテ (アールデコ)


昔、何かの展示会で、エルテの版画を買う寸前までいったことがあるんですの。
エルテの描くドレスがすごく好き。


なので名づけてイエティ じゃなくって、(笑) エルテドレス。
難しかったけど、微妙にズレちゃったけど、ドレープの楽しさに目覚めましたー!
前スカートの裾も、カシュクールが自然に開いて脛んとこがチラッと覗くようにしたいな。
脇でタイト気味に調整すればなんとかなるんでない?
自分の好きなように手を加えていくって、楽しい〜!
もう寝食忘れて縫ってましたよ。
やっぱり特別な日のドレスはめっちゃテンションあがるよね〜!








しかし。



テンションアゲアゲになる前に、悲劇があったのです。







確か5mはあるはずだから、どんなに間違えても大丈夫だ!と大船に乗ったつもりで
サクサク裁断・・・・していったんですけど・・・










はい、やらかしました。









スカートの、裏と表を間違えて、3度も、裁断し直したんです・・・



・・・○| ̄|_







なので5mあった生地は見事に1mも残らない端切れと化してしまいました。
くーっもったいねーあまり布でVネックトップスつくろうと思ったのに。

でも私はもう自分を罵ったりしないのです!
失敗するたび自分を責めてばっかりいたら細胞がひねくれちゃって病気になっちゃうわ。
うまくいかない裁断方法を発見しただけよ。
だからいいのよ負け惜しみじゃないわ ツツーッ ・・・  ⬅︎涙が頬を伝わった音




・・・・




ちゃんと裁ち合わせ図があるのに、間違えてやがら。





でもきっと次からは大丈夫なはずっ!
落ち込みと立ち直りがジェットコースターだなまるで。




このドレスは、あまりアクセサリーをつけないで、小物でアクセントつけて
ラインを引き立たせたいな。
それにしてもパーティバッグというものも持ち合わせてないんだった。どうしよ。




なーんか歯を食いしばってたのか、奥歯が浮いてるわー!
肩こりかしらー!
ゴールが見えてきたからちょっと気が抜けたわー!
美容室も予約しなきゃだわー!
お肌のために寝なきゃ!
長文おつきあいしてくだすってありがとう!おやすみー♪















ほとんどできたよ叶姉妹ドレス〜だけど大どんでん返し〜! お約束・・・○| ̄|_ の巻〜



ぢゃーん!


苦心を重ねたレッドドレス、そう、名づけて叶姉妹ドレスと呼ぼう!
あたくしが乗るのはリムジンしかふさわしくなくってよ、なドレスが完成間近でございます!

e

平置きじゃわかんないけど絶妙なタイト&ルーズなのです〜
着画見せたいけど化粧ヘアメイクがないと釣り合わないので無し。
許してちょー
襟ぐりと肩を直したのでずり落ちてしまう危険を回避するのに
めっちゃ時間かかった!
でもおかげで背中のドレープがセクスィ〜♪
がっつりひざ裏までスリット入ってます!
10センチハイヒールのつま先がちょっと出るぐらいのスカート丈。
持ってないけどルブタンのハイヒールじゃなきゃイヤん、
グッドルッキングガイの杖がなきゃサマにならないわ、なラインなの〜
そうまさに叶姉妹。
圧縮ニットブラボー!
大したテクニックいらずでボディコンシャスが実現!
自然なブラウジングが平坦、いやさ段々畑なウエストを隠してくれるし、
胸はこれからパット二枚重ねで盛り上げますわよ!
もう夫が大喜びして絶賛してくれました!
こういうの好きだったんだね・・・おぬしも普通のオトコだったのね・・・





o 


もう元ネタのカシュクールカットソーは原型をとどめておりません!
袖口も伸縮する素材なのをいいことに、全体のバランス見て詰めまくり〜
袖口仕上げたらあとはブラを内蔵させるのみ!
いやあこういう非日常的なドレス作るのって、なんて楽しいんだろう!




















・・・・・ってとこまで来てたいそう盛り上がってたんですがね奥さん。









やらかしましたよ!







何をって?








ドレスは失敗してませんの。
ものすごい大成功と言えますの。
パリコレに出したって恥ずかしくないわ。(当社比)











んじゃ何をやらかしたか、って?









それはね・・・













ぱ、パーティが、昼間だったんですーーーーーーーーーーーー!!!














ちゅどーん。



・・・・・・・・・・・○| ̄|_












今日何気にパーティの開始時間調べたら、
10時半開場11時開始だったんだよね・・・
もちろん午前10時半よ・・・
このドレスさ・・・完全に夜だよね・・・
午後10時半でも大丈夫な感じのドレスだよ・・・
浮きまくりどころか異次元の世界だよ・・・










どうしよ。














しかーしっ!
めげてたまるか!
まだ日にちはあるじゃない!
昼間用ドレス縫うわよできるわよきっと
滅多にない華やかな場所に出る機会なのに、こんなことぐらいでめげないわ!










叶姉妹ドレス以外に候補に上がってたドレスは、型紙だけは写してあったのです。
またもやカシュクール。好きだねカシュクール。
しかも身頃とスカートにわたるコンシールファスナーありのデザイン。
なんでまたこんな面倒なのを選ぶか。



それはね、


めんどいプロセスを一つ一つクリアしてくのが楽しい、という洋裁ドMだからなのだー!
ああもうすっかり壊れてるわ私。





生地をどうするか悩むこと数分。(早いね)
一番たっぷりある紺色の生地にすることに。


はいっ裁断終了!

u

接着芯も貼ったぜ!
俺はやったぜ!
でもギブアップだぜ!
もう寝るぜ!
また明日頑張ろーっと!
おやすみっ










ドレス四苦八苦の巻〜


嬉々として縫い始めたレッドドレス。



いやー縫っててもう手が喜んでます!
なんて気持ちのいい縫い心地なんだ。
ほつれてこないし丸まらないし、手触りいいし、色も美しいし、
瞳孔散大状態です!
試し縫いも一番小さい布使ってできるだけ余り布がたくさん出るように。
あひゃー手荒れが目立つけどスルーしてね。

yu 




カシュクールが結構深いので、
ブラ内蔵にすることにしました。
厚いパットで盛り上げまーすてへぺろ


yo




窓からの陽を浴びてちくちく・・・
なんて綺麗な布なんだろう。


うおおもう死ぬほど幸せじゃあああああ!
ああ縫い終わりたくない。

a





襟ぐりと肩線を仕上げたあと、念のため仮縫い。
仮縫いの糸も、しつけ糸だと布を痛めちゃいそうだからすべりのいい手縫い糸で。




着てみたところ・・・・




あれ?


なんか着にくい。なんだろこの着にくさは!?
そしてイメージしてたラインが出ない。





トワル代わりのリヨセルニットはかなり薄手だったけど、本縫いのこのニット、
厚みがあるのでそのせいか!?




なのでかなり時間をかけて襟ぐりから肩線まで大改造!
カシュクールの肩線は、切りたくないぞ!
なのでタックをとってみることに。

ya

綺麗なタックが出る位置をあれこれ試し、そのたび着てみて微調整。
カシュクールの合わせ位置も変えたほうがいいかな。
何度も仮縫いして位置を決め、
脱いだり着たり。
そのうちへ、へ、ヘクショーイ!とくしゃみ連発。
やばっ風邪ひいてる場合じゃないわ。





楽しいんだけど緊張もあって、集中力が続かない〜(ノ_<)




そんな四苦八苦の中、ふと、高校時代の学園祭のことを思い出しました。
仮装で使うヴィクトリアン風のドレスを作ってて、
放課後それを着る同級生の体に布を当てながら縫って仕上げてたのです。
(ちなみに私の衣装は囚人服w)
ドレスの縫製なんて何にも知らないから、そりゃあもう粗雑な縫い方なんですが、
たまたま通りかかった担任の先生に、
お前すごいね何でそんなことできるの!?って
めっちゃ感心されたことがあったっけ。


あれって仮装の衣装とはいえオートクチュールよね。
学園祭ってそれだけでウキウキして楽しかったけど、
衣装の監修はいつの間にか私がやってて、めっちゃ充実してたなあ。
高校時代は黒歴史が多いんだけど、笑
楽しい思い出もあったじゃん。




このドレスも何気にオートクチュールよね。

ああオートクチュールの世界をホント、覗いてみたい・・・








よーし気分転換にチロと遊ぼーっと!
こんなんでパーティに間に合うかしら!?間に合うわよねきっと!
間に合うはずだ。間に合ったらればればればレバ刺し〜(゚∀。)アヒャ






・・・多少壊れかけてきたようだ。

















































プロフィール

mituco.co

Author:mituco.co
縫うことが大好きで
美しい布が大好きで
シンプルだけど個性的な着こなしが好きで
自分に似合う服を作りたくって奮闘してます
洋裁ド初心者の「なんちゃってクチュリエ」だけど
心は職人!(artisan!)
丁寧なつくりで長く着られる服作りを目指してます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR